古本・古書・中古本の通販・販売・買取

古本通販・販売・買取の文庫シェルフ マイページ
  カタログ » 日本人作家 » 「た」 » 高樹のぶ子 » 透光の樹(文春文庫)高樹のぶ子
商品検索      詳細検索 
3000円以上送料無料 合計 0円       カートを見る 古本の文庫シェルフご利用ガイド
商品検索
 

キーワードを入力して商品を探せます。
在庫あり
icon  詳細検索
作家名検索
出版社検索
古本の買取について
古本の文庫シェルフについて

古本販売 通販/買取 文庫シェルフ

埼玉県公安委員会許可

第431250000003号


カード決済


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
古書古本・本
古書古本

高樹のぶ子

透光の樹(文春文庫)高樹のぶ子

商品の詳細

※実際の商品と画像が異なる場合が御座います。

タイトル:透光の樹(文春文庫)高樹のぶ子
作家名:高樹のぶ子
ISBN:9784167373139
出版会社:文藝春秋
出版社:255 文春文庫
出版形態:流通本
初版年月日2002年05月
定価:518円
販売価格:200円 (税込)

デビュー前、長編の書き方を学ぶために写本した一冊。大人の男と大人の女の、行き止まりと再生と過去と未来が、北陸と東京を舞台に繰り広げられる。びっちり詰めて原稿用紙に三百枚と少し。「三百枚あれば男と女の出会いと別れと一生が書けるんだ」と知って、最後の一行で震えた。盗みたいワザが山のようにあった。ひとつの世界を極めたひとの書く文章はただ美しかった。なので長編を書く際、三百枚を超えると「無駄なこと書いてないか?」と自問する。三百枚の重みは、まだこの手に残っている。先人の仕事は偉大だ。今日も頭に声が響く。なにやってんだ、無駄がいっぱいだ、なんとかしろよ、五百枚? ふざけんなサクラギ。


ログインボックス

新規会員登録

ショッピングカート
カートは空です...
新着商品

Copyright (c) 2006 古本販売 通販/買取 文庫シェルフ bookshelf.co.jp